【WE-Net福岡活動報告】11月29日「ふくおか女性いきいき塾」リーダーシップ講座で講義しました。

2014年11月29日(土)に福岡県男女共同参画センターあすばるで開催された「ふくおか女性いきいき塾(第三期)」の「リーダーシップ講座」にWE-Net福岡のメンバーがワークショップ型の講義を行いましたのでご報告します。

 

1.開催概要

【講座名】リーダーシップ講座

【日 時】2014年11月29日(土)13:00~15:00

【会 場】福岡県男女共同参画センター「あすばる」セミナールーム

【受講者】ふくおか女性いきいき塾第三期生

【講 師】WE―Net福岡(女性管理職候補意識改革グループ:7名)

一瀬 香   西部ガス株式会社 人事労政部人事サービス室マネジャー
古賀 雅美  福岡日産自動車株式会社 法人営業部部長
澤田かおり   株式会社日本政策金融公庫福岡西支店 融資第三課長
杉本美穂子  株式会社日立製作所九州支社 公共情報システム営業部部長
竹之内マリ子 株式会社ドコモCS九州 総務部担当部長
古田 香    株式会社ポータル(九電工グループ) 人材部部長
大曲 昭恵  福岡県 新社会推進部部長

 

①メンバー写真【スケジュール】

13:00~ 講師自己紹介

13:15~ 事前アンケート概要説明

        リーダーシップとは

13:30~ ワールドカフェ

14:30~ 私の決意表明(リーダーシップ)

15:00~ まとめ(講師感想、メッセージ)

        アンケート記入

 

 

2.内 容

冒頭にWE―Net福岡の7名の講師から「実践しているリーダーシップ」を含めた自己紹介を行いました。
その後、受講生に事前に記入してもらったアンケート結果の報告を行い情報共有を図りました。事前アンケートを実施した目的は、受講生のリーダーシップに関する理解度やどのような講座内容を期待しているかを把握し、要望に合った講義内容とするためです。

②アンケート説明

 アンケートによると(29名)、
約3割が「リーダーシップを発揮している」
約8割が「発揮するために実践していることがある」
約6割が「社内(団体)で昇進していくことを望む」
というとても前向きな結果がでました。

また、講座内容に期待することは「リーダーシップの具体的な体験談」や「実践的な内容」、「女性のリーダーシップの発揮の仕方」などの意見が多かったので、それぞれの講師と一緒にディスカッションし、新しい気づきや学びを得ることができるようにワールドカフェ方式を中心とした講座内容にしました。

 

≪事前アンケートの主な内容≫

・あなたが考えるリーダーシップとは

・リーダーシップを発揮しているか

・リーダーシップを発揮する上で難しい、悩んでいることは

・リーダーシップを発揮するために実践していること

・何があればリーダーシップを発揮できるか

・身近に目標とする人はいますか

・上司に求めるリーダーシップとは

・リーダーシップ講義の内容に期待すること

 

続いて、「リーダーシップ」の概要説明を行いました。
時代の変化や人財の多様化などでリーダーシップが変化していることや、上司や管理職といった「リーダー」がポジションによって発揮しているのは「ヘッドシップ」で、リーダーシップは心構え、持つべき気持ちで、組織などの集団の目標に向けてメンバーを方向付けるための影響力を担い、権限に関係なく誰もが発揮できるものである。指示型、参加型、委任型などのパターンがあるが、どの型が良くて悪いということではなく、置かれた立場や環境、状況によって使い分けることが必要となってくることなどを説明しました。自分のリーダーシップスタイルを知るためにセルフチェックも行ないました。

③講義

 

≪主な内容≫

・リーダーシップとは

・リーダーシップの型(指示型、参加型、委任型)

・360度のリーダーシップ  など

 

 

 

【ワールドカフェ】

続いて、「リーダーシップ」に関する2つのテーマについて、ワールドカフェ形式によるグループディスカッションを行いました。ワールドカフェとは、4~5人のグループで、カフェにいるようにくつろいだ雰囲気のなか、共通の話題について語り合う話し合いの手法のことです。
講師陣も参加し、自由に意見交換を行いました。

④ワールドカフェ

 

●テーマ1 「私(各自)が考えるリーダーシップとは」

テーマ1では、理想とするリーダー像、リーダーに求められる資質について、意見交換を行いました。
リーダーのキーワードとして、「ビジョンを示す、ビジョンを分かりやすく伝える、方向性を示す、ブレない、結果を出せる、結果にこだわる、信念を持っている、決断力、周囲への影響力、責任を取る、冷静な対応力、情報力、コミュニケーション力、共感力、ポジティブ、部下を信じる」などがあげられました。

 

 

⑤模造紙●テーマ2 「リーダーシップを発揮するために実践していること、悩んでいること」

テーマ2では、リーダーシップ発揮に向けて取組んでいることや悩みを共有しました。
実践していることとして、「否定的にならない、いつもポジティブでいること、
部下の性格を把握してそれに合わせた指導を行う」などがあげられました。
また、悩みとしては、リーダーシップを発揮すること自体への不安や
年上の部下やキャリアが長い部下への接し方、部下のモチベーションの
維持の仕方などについて意見が交わされました。

 

 

【決意表明】

ディスカッション後、2つのテーマを通して得た気づきや学びをもとに、受講者一人ひとりが今日から取り組むリーダーシップについて、決意表明を行いました。
「自分と他人を比較せず、日々の仕事を楽しみたい」「なんとかなる精神で常にポジティブでいたい」など、どの受講生からも、前向きで積極的な決意が聞かれました。

⑥決意表明

 

今回の講座では、立場や働く環境が違う受講生同士が経験や悩みを共有することにより、共感し、励まされ、等身大で自分らしいリーダーシップのあり方を考えるためのヒントを得るきっかけづくりができたのではないかと感じています。講師を務めたWe-net会員メンバーも、明るく前向きな受講生たちを目の当たりにし、私達も頑張らなければ!と気持ちを新たにしました。

 

⑦まとめ

このページの先頭へ