We-Net福岡Ⅴ期生(女性管理職ネットワーク)の第3回定例会を平成30年12月5日に開催し ました。

「第3回WE-Net福岡第Ⅴ期定例会」開催

WE-Net福岡Ⅴ期生の第3回定例会を平成30年12月5日に開催しました。

【日時】

2018年12月5日(水) 14:30~17:30

【会場】

福岡トヨペット株式会社 本社 4階

【出席者】

計40名(WE-Net会員30名、部会・事務局等3名、サポーター4名、
     オブサーバー:WE-Net佐賀関係者3名)

【内容】

プログラム

  1. 開会のご挨拶
  2. 第3回定例会準備委員会メンバー紹介
  3. インスピレーショントーク
    講師:株式会社サイズラーニング
       代表取締役 高見 真智子 氏
  4. 課題の共有(第1回、第2回定例会の振り返り)
  5. グループワーク
  6. 各グループ発表
  7. 感想および講評(まとめ)
  8. 閉会のご挨拶
  9. その他連絡事項

 

 

1. 開会のご挨拶

はじめに、女性の大活躍推進福岡県会議女性人材部会長の村山由香里氏より、開会のご挨拶を頂きました。10月に行われた日経ウーマンエキスポではWE-Netのメンバーとの座談会も満席という盛況ぶりだったとのご報告がありました。

 

2.第3回定例会準備委員会メンバー紹介

第3回定例会の準備委員会メンバーの紹介

 

3.インスピレーショントーク

講師に人材開発や組織開発に関する企画コンサルティング業務に豊富なご経験を持つ株式会社サイズラーニングの高見真智子代表取締役をお招きし、女性活躍推進の先進事例の照会、管理職として、企業代表としての喜び・つらさ・克服法など、後半のグループワークの参考となるお話を聞かせていただきました。

高見真智子講師

高見真智子講師

 

 

4.課題の共有(第1回、第2回定例会の振り返り)

続いて、課題の共有として、これまでの定例会の振り返りを行いました。

テーマ:少し先の女性の活躍環境をつくる~リーダーとしてどう環境を変えていくか~

第1回定例会は、グループディスカッションによる問題の共有を行いました。

第2回定例会は、第1回定例会で見えてきた課題「コミュニケーション」に焦点をあて講師のご講演による勉強会を行いました。

 

5.グループワーク

第3回定例会では、女性管理職である私たちのパーソナルな部分に焦点をあてて、ゴールである行動計画作成に向けて“出来ること”のヒントを探るためのグループワークを次のテーマにて行いました。

  ①管理職になって良かったこと、楽しかったこと、嬉しかったこと
  ②管理職になって辛かったこと、困ったこと、それらをどう乗り越えたか

グループワークの様子

グループワークの様子

 

 6.各グループ発表

各グループで発表を行いました。

①管理職になって良かったこと、楽しかったこと、嬉しかったこと

A

やりがい、部下の育成、達成感、人脈

B

組織の重要なポジションにある

C

得られる情報が増え、視野が広がった

D

自ら中心となり、事業が遂行できる。収入が増えた

E

見える世界が変わる(権限が広がる、育成の喜び、人との出会い)

F

人との繋がりが広がり、情報を得ることにより視野が広がった

G

仕事のスケジュール管理がしやすくなった

②管理職になって辛かったこと、困ったこと、それらをどう乗り越えたか

A

時間、お金、人間関係、女性というフィルターがかかっている

B

人事評価と部下の育成方法

C

管理職のレベルに達しているのか不安になる

D

個性別の対応、仕事の量が増えた、誉められることがない

E

孤独(弱みを見せれない)、相談できる人がいない

F

今までとは違う人間関係の悩みが増えた

G

部下のマネジメントの難しさ

 

発表の様子

発表の様子

 

7.感想および講評(まとめ)

高見講師より、各グループの発表を受けての感想を頂きました。

これまでは自分の仕事が中心だったのが、人の成長が喜べるステージに皆さんがいる。自分事から他人事に変わるステージ。それは人の器の発展。皆さんもパーツメンターをたくさん作って、困難を乗り越える力にして欲しいとのお言葉を頂きました。

 

8.閉会のご挨拶

最後に、女性の大活躍推進福岡県会議共同代表の久留百合子氏より、福岡県会議は全国でも最初に出来た会議であり、“自分たちで作り上げる”というところが1番の成果に繋がっていると思う。県域を越えた九州ネットワークを目指して、次の4回目はⅥ期生へ皆さんの喜びで繋げてもらえれば本会の意味があるとのお言葉を頂き、閉会となりました。

このページの先頭へ