WE-Net福岡Ⅳ期(女性管理職ネットワーク)の第4回定例会を平成30年3月20日に開催しました。

「第4回WE-Net福岡第Ⅳ期定例会」開催

WE-Net福岡Ⅳ期の第4回定例会を平成30年3月20日に開催しました。

【日 時】 2018年3月20日 14:00~17:30
【出席者】

75名 
(第Ⅳ期生30名 第Ⅴ期生35名 サポーター6名 人材部会4名)

【会 場】 電気ビル共創館 3F カンファレンスA

 

1. 開会のご挨拶…女性の大活躍推進福岡県会議 共同代表 久留 百合子様

20180403

女性の大活躍推進福岡県会議 共同代表 久留百合子様より開会のご挨拶をいただきました。
「女性管理職がこれだけ増えたのは感無量である。We-netのⅣ期生の活動はこれで終わるが、Ⅳ期生のネットワークを継続し、みんなで研鑽しあって欲しい。また、自分たちが研鑽するだけではなく、Ⅳ期生の力を社会に還元して欲しい。We-netの会員には後に続く若い後輩たちに対して、自分たちの経験などを伝える責任がある。」と今後に向けた激励を込めた挨拶をいただきました。



2. 第4回定例会 準備委員の紹介

第4回定例会の準備委員会メンバーの紹介。


3.グループワーク 14:20~16:05  105分

グループごとに「私たちの経営者視点」というテーマで議論し、グループごとにその成果をまとめていきました。 

◆グループワークの様子

【Aグループ】

【Bグループ】

【Cグループ】
2018040302 B C

【Dグループ】

【Eグループ】

D E




4.写真撮影

別室でオリエンテーションを受けたⅤ期生も合流し、Ⅳ期生+Ⅴ期生+サポーターで集合写真を撮影しました。

2018040303




5.
グループ発表  各グループ10分間 (Ⅴ期生 聴講)

各グループ10分間でⅤ期生聴講のもと発表しました。
◆テーマ;私たちの2020 ~3年後の自分  「私たちの考える経営者視点」について。以下が発表の概要になります。

【Aグループ】
A2

・全社員のトップに立ち、全社員を導き、旗を振れる人が経営者であるべき。
・旗を振れる人がどのように正しく判断し、社員を導けるかを左右する要素は以下の  6項目を定義する。
①ぶれない軸…経営方針等を組織の隅々まで伝え、組織として活動していくために重要。
②未来を見据える…企業活動の全体をとらえて、企業の未来を見据えて、社員を導く。
③変化に対応する力…時代の流れを読み、変化を見極めて企業、組織の成長を促す。
④数字に明るい…経営者として必要な数値(PL、BS等)を見て話をすることが必要。
⑤人としての魅力…自分を大切にし、豊かな自分を持っている人の方が暖かみがある仕事ができるのではないか。
⑥人を大切に思う…根底にあるもの、自分の中から湧き出るもの。これがある人でないと経営者にはなれないのではないか。


【Bグループ】
B2
・ビジョン、決める(意思決定)、人を育てる、責任・覚悟の4つの考え方がキーワードである。
①ビジョン:明確にぶれず、きちんと伝えることが重要。
②決める(意思決定):俯瞰的なものの見方、建設的に考える力、スピード、タイミング、ゆるぎない視座、情報収集の力が必要である。
③人を育てる:部下に興味を持つ、良いところを見つけ伸ばす、悪いところを良いところに持っていく。愛情を持って育てていく。
④責任・覚悟:最終的には自分の責任になるということを認識して、責任を持ってやり遂げる。
上記点を満たす土台として、知識、視野の広さ、行動力、伝える力、仕事に活かせる人脈の5点が必要である。


【Cグループ】
C2
・「会社と従業員を守り、成長をさせる為、柔軟に考え、主導的に動く。」を経営者視点と考える。
・稲森和夫氏の経営12ヶ条をベースに3年後になりたい自分の行動計画を具体化するという作業を実施した。

※「経営12ヶ条」
①事業の目的、意義を明確にする。
②具体的な目標を立てる。
③強烈な願望を心に抱く。
④誰にも負けない努力をする。
⑤売上を最大限に、経費は最小限に
⑥値決めは経営
⑦経営は強い意志で決まる
⑧燃える闘魂
⑨勇気を持ってことにあたる
⑩常に創造的な仕事を行う
⑪思いやりの心で誠実に
⑫常に明るく前向きで、夢と希望をいただいて素直な心で経営する。

個人の行動計画は下記の通り。
・ブランドを守り進化させるために表現力、発信力を磨く。
・後に続く女性社員の目標になる。毎日いきいき仕事をする。意識づけをし、行動する。
・興味を持ったことをまずやってみることで、経験を積み、広い視野を身に着ける。言い訳をせず、とりあえず動いてみる。
・母親的、女性ならではの経営者視点を持って、従業員や会社を導く。
・マーケティングのプロフェッショナルになり、売上、利益を高める。
・経営者のビジョンを分かりやすく従業員に伝えるリーダーになる。

【Dグループ】
D2

・1年間の取組についての振り返り
■第1回定例会:知る
・今の自分と目指すべき姿のギャップを認識し、必要なスキルの洗い出しを実施した。
■第2回定例会:変える1回
・経営者の役割、経営者に必要なものを学ぶ。⇒自分たちの甘さを認識し、変わりたいと感じた。⇒プチ行動計画を設定した。⇒すぐに実行してみた。
■第3回定例会:変える2回
・我々も部門の経営者としての意識を持ち、計画を実行し、達成させていくことを学ぶ。⇒我々もやれるのではないか、やらないといけないかもと感じた。
■第4回定例会:経営者視点の発表
・ぶれない視点と逃げない責任感。
・従業員の幸せ、地域社会への貢献。
・健やかな体と心を持って自分が充実させる。
自分自身の中期計画を持って、管理職としての責任を持って努力を続けていく。


【Eグループ】
E2
経営者視点は会社を成功へ導くこと。成功へ導くとは…
①会社を発展させる ②社員や社員の家族を幸せにする。 ③社会に貢献する という3点の視点が必要である。

会社を成功に導くためには5つの力が必要である。
①育成力…人材の将来や会社の将来を見据えて、仕事を任せ、共に成長していく。
②共感力…コミュニケーションをとり、異なる立場や意見を持つ人を理解し、共感する。
③的確な判断力…広い視野を持ち、積極的に情報をとっていく態度。
④情報分析力…情報を基に、ぶれずに判断する。
⑤時代の風を読む力…風を読み、みんなを引っ張っていく力。
※①~②は内部に向け必要な力、 ③~⑤は外部向け必要な力 

■若手からの振り返りと5期生へのメッセージ
・会社では「目線を上げろ…」といった漠然とした指導しか受けていないが、この会では具体的で示唆に富んだ様々な気づきがあり、濃厚な時間を過ごすことができた。
・素敵な方と知り合うことができた。自分自身をどのようにマネジメントしていくか、どのような上司でいたいかを考える貴重な時間となった。
・まじめな議論もしたが、会社の実情や愚痴などの様々な話を共有することができた。他では得られない機会だった。このような考えるきっかけや出会いを与えられたことに感謝したい。

 

6.質疑応答

2018040304

【第Ⅴ期生より】
私たちの2020というテーマがすごく良いと感じた。発表の中で「ぶれない」「ビジョン」「責任」「覚悟」など共通のキーワードがあったが、その中で「管理職も経営者である。」という発言が心に残った。



7.閉会のご挨拶

女性の大活躍推進福岡県会議 女性人材部会長 村山由香里様よりご講評・閉会のご挨拶。

2018040305

We-netの各期生の発表は、毎回違う個性がある。「経営者視点」という言葉が出できたのは、今回が初めてで、素晴らしいことだと感じた。2020年は指導的地位にある女性の割合を30%にするという「202030」を達成する年でもある。日本の女性役員の比率は3%と中東並みの水準であり、政府は女性役員の拡大に力をいれている。その上昇気流にある中で、既に管理職である我々は、役員になるという道を目指すべきである。Ⅳ期生はまさに経営者となるという志向をもった取り組みを行った1年であったと感じている。
Ⅰ期生からⅤ期生が福岡の中での大きなネットワークになることを願っているし、企業の中で女性として管理職を続けていくことは、社会を変えていく力になっていることを心に留めて頑張って欲しい。というお言葉をいただいた。

 

このページの先頭へ