『WE-Net福岡』の第1回定例会を10月23日に開催しました。

女性の大活躍推進福岡県会議『WE-Net福岡』第1回定例会報告

【日時】 2013年10月23日(木)
〔第一部:14:00~15:15〕
 「女性管理職ネットワークの活用検討委員会」ゲスト講演に同席
  ゲスト:伊岐典子さん(厚生労働省東京労働局長)「女性管理職の現状と課題」
〔第二部:15:30~17:30〕
 女性管理職ネットワーク第1回会合
〔交流会:17:45~19:00〕
【場所】 ホテルニューオータニ博多 4階 飛翔の間
【参加者数】 一期生会員33名中28名

 第一部では、女性の大活躍推進福岡県会議(以下、本会議)が企画運営に協力している「女性管理職ネットワーク活用検討委員会(内閣府連携事業)」に同席し、ゲストとしてお招きした伊岐典子さん(東京労働局長)の講演「女性管理職の現状と課題」を拝聴しました。

 第二部は、コカ・コーラウエスト(株)の石井まり美さん(企画委員)の司会により進行され、久留百合子さん(共同代表)より開会の挨拶がありました。女性管理職ネットワークの名称について提案があり、『WE-Net福岡』に決定しました。会員それぞれが自己紹介を行い、その後、福岡地域戦略推進協議会の松田美幸さん(企画委員会副委員長)より内閣府連携事業の管理職ネットワーク活用検討委員会の活動概要が紹介され、ドコモアイ九州(株)の竹之内マリ子さん(企画委員)より『WE-Net福岡』の運営方針や活動計画案について説明がありました。続いて、全員が6グループに分かれて、『WE-Net福岡』の今後の活動内容について意見交換を行い、各グループより発表を行いました。

写真写真

 第1回会合に引き続き、(株)ふくやの稲田磯美さん(企画委員)の進行で交流会が開催されました。来賓のNPO法人GEWELの藤井幸子代表理事から「リーダーシップに磨きをかけ、自分に自信を持つように」とエールを送っていただき、松尾新吾共同代表は乾杯の発声に添えて、「女性の活躍には、『意識改革』と『システム』の両方が大事」と応援してくださいました。

 当ネットワークアドバイザーもそれぞれにこのネットワークへの期待を語ってくれ、アドバイザーのひとりである麻生渡顧問からは「女性の活躍ではなく、『大活躍』で、どんどん女性が活躍する福岡県に!」と熱いメッセージが送られました。また、当会議の企画委員でもある福岡県男女共同参画センターあすばるの村山館長も、忙しい中をかけつけてくださり、これからの会員の活躍への期待を込めて温かい声をかけられました。

 女性管理職として部下の育成や、ワークライフバランスなどの話題で盛り上がり、終了時間を超えても話がなかなか尽きない有意義な交流会となりました。最後に、企画委員の藤田宣子さんから、「管理職になると見える景色が広がるので、ぜひ楽しんで欲しい」と勇気が出る言葉をもらって交流会を終えました。次回の例会は2月4日(火)に開催されます。


▲松尾共同代表と企画委員の藤田宣子さん

▲麻生顧問とWE-Net福岡一期生代表の竹之内マリ子さんと石井まり美さん

▲企画委員の村山由香里さん

▲WE-Net福岡アドバイザーの麻生渡顧問、久留百合子代表、松田美幸企画委員会副委員長、高見真智子企画委員

▲ご挨拶される松尾共同代表

▲盛り上がるWE-Net福岡一期生の皆さん
このページの先頭へ