福津市

1042fukutsu

小山 達生さん
福津市長

・昭和46年3月九州大学法学部卒業。同年4月山一證券株式会社入社後、衆議院議員秘書

・昭和58年4月から平成20年12月まで福岡県議会議員。任期中、県議会議長や警察常任委員会委員長、県議会運営委員会委員長などを歴任

・平成21年3月6日から現職。現在2期目

企業データ

福津市

社名/福津市

住所/福津市中央1-1-1

電話番号/0940-42-1111 (代表)

URL/http://www.city.fukutsu.lg.jp/

業種/地方自治体

社員数/301名(内女性136名)
 男女比 44.1%

女性管理職
 女性管理職の人数 6名
 女性管理職の割合 15.0%

自主宣言日/平成25年8月6日

宣言内容/一般行政職員の課長職以上に占める女性の割合を平成28年度までに15.0%以上にします。

男女共同参画の実現へ、市役所が率先して取り組む

1037fukutsu

宣言目標を1年前倒しで達成

行政団体ではトップ、全体でも4番目に女性大活躍推進自主宣言をした福津市。「一般行政職員の課長職以上に占める女性の割合を平成28年度までに、15%以上にします」という宣言目標を1年前倒しで達成した。

「自主宣言したのは、自然の流れですよ」と、小山達生市長はさらりと言う。平成17年の合併当初より、福津市では女性の参画に力を入れており、平成24年度から進めている『男女共同参画プラン・ふくつ』の中で、平成28年度までに達成する目標として、一般行政職の課長職以上に占める女性の割合を15.0%にすることをすでに定めていた。日頃からの取り組みが、1年前倒しの達成という成果となって表れたのだ。

女性の活躍が好循環を生む

こうした福津市役所の背景には、「先駆者」としてロールモデルとなる女性管理職がいることが大きいと、小山市長は語る。こうした女性たちの存在が、若い女性職員が将来の自身のキャリアのあり方を考える上での良い道標になっているようだ。

「やはり最初は壁もあったと思います。女性には無理じゃないかという既成概念を彼女たちが自ら乗り越えてきた。これは、すごいことだと思います。女性の管理職が増えることで、後に続く女性職員たちに、少しずつ意識の変革が生まれてきました。これに触発されるかたちで、女性職員の変革に負けられないと男性の職員が発奮するという相乗効果を期待しています」。

ただ、それもまだ途上だと小山市長は感じている。また、管理職に就くことができる経験年数を持つ女性職員が少ないという課題もある。これは、過去の慣行等が影響しているというが、この慣行については、昔と比べると、大きく改善されつつある。人材を育てる取り組みは、始めたからすぐに成果が出るというものではない。だからこそ、息の長い取り組みが必要だ。「今後も、有能な若い女性職員が管理職を目指してくれるよう働きかけていくことが大事だと考えています。性別は、性格や経歴、主義や趣向など、個人が持っている資質の一つです。女性職員の積極的な参画は、業務に関わる職員に多様性を生み、その結果、業務の成果にも多様性が生まれ、これが『組織の成長』につながるだろうと期待しています」。

 一人ひとりが輝ける仕組みを

 福津市役所では、出産や育児関連の利用可能な制度の周知や積極的な活用を呼びかけるだけでなく、心置きなく育休に入れるように、「育休代替職員」の制度を設けている。予め、「育休代替職員」の採用試験を行い、この試験に合格した人を名簿に登録。産休・育休に入る職員が発生した際には、登録順に従って、その部署に配属されるようになっているという。産休・育休に入る女性職員だけでなく、育休を取りたい男性職員も、所属部署に人員的な不足が発生することを心配することなく、休みに入ることができるのだ。このように、育休制度を上手く機能させている。

市政においては、市と工事請負などの契約を希望し、業者登録をする場合は、男女共同参画推進状況の報告書を提出するよう義務付けている。新しい法律が決まった時は、その内容を報告書のフォーマットに入れこむため、啓発の効果は大きいという。

現在、福津市では、平成29年度から実施する新たなプランを策定中だ。「もっともっと女性管理職の割合を高めていきたい」と、語ってくれた小山市長。その先に見据えるのは、男女関係なく一人ひとりが能力や個性を発揮できる社会の実現である。

ひと言PR

福津市では、女性の積極的な社会参画には、男性の育児や家事への積極的な関わりが不可欠だと考え、男性の育児をテーマにした事業を行っています。
現役パパ向けの講座、これからパパになる「プレパパ」向けの講座、お孫さんがいる、もしくは将来お孫さんができそうという方を対象にした「育ジイ講座」を今後予定しており、平成27年11月には、世代を超えて育児をテーマに語り合う「不屈(福津)のパパサミット」や「福津deスマイル フォトコンテスト」をイオンモール福津で開催します。
市内にお住まいの方も、市外にお住まいの方も、たくさんのご参加をお待ちしております。イベントの内容や参加の受付については、市の公式サイトに、特設ホームページを設けておりますので、ぜひ一度ご覧ください。http://fjq.jp/fukutsu/

このページの先頭へ