【イベント情報】「福岡国際女性シンポジウム」開催のお知らせ (要申込)

fukuokakokusaijoseisymposium2018

県では、総合計画において「女性がいきいきと働き活躍できること」を重要な柱の一つとして掲げ、女性の更なる社会進出を推進し、多様な分野で能力を発揮するための取組を進めています。しかしその一方で、日本のジェンダーギャップ指数(世界の男女各差を測るもの)は、144カ国中114位と前回の111位からさらに後退しています。
女性の活躍は社会の発展や成長に不可欠であるとの認識を、グローバルな視点から世代を超えて社会に広めるため、「福岡国際女性シンポジウム」を開催します。

第5回目となる今回のシンポジウムでは、関西学院大学客員教授である大崎麻子による基調講演に加え、パネルディスカッションでは「ジェンダーギャップ指数から考える女性の活躍推進」をテーマに、様々な立場の登壇者が議論を行い、本県の女性活躍に向けた気運を醸成します。

男女がともに活躍する未来の福岡のために何ができるのかを考える絶好の機会です。皆さまのお越しをお待ちしています!

 

《開催概要》

【日時】平成30年9月8日(土)12:50~15:50 (受付12:20~)
【会場】ソラリア西鉄ホテル 彩雲・花(福岡市中央区天神2-2-43  8F)
【参加費】無料
【定員】200名(定員になり次第受付終了)
【内容】基調講演、パネルディスカッション
12:50~13:55 開会挨拶・基調講演
        基調講演  大崎 麻子氏 (関西学院大学客員教授)
14:10~15:50 パネルディスカッション
        テーマ:ジェンダーギャップ指数から考える女性の活躍推進
        パネリスト:大崎 麻子氏(関西学院大学客員教授)
        (50音順)    琪氏(お茶の水女子大学准教授) 
              南野 氏(九州大学法学部教授)
              ルース・マリー・ジャーマン氏(株式会社ジャーマン・インターナショナルCEO)
        コーディネーター:神崎 智子氏(福岡県男女共同参画センター「あすばる」センター長)
【主催】福岡県、福岡県男女共同参画センター「あすばる」
【後援】外務省、福岡労働局、 福岡県市長会、福岡県町村会、北九州市、福岡市、北九州市立男女共同参画センター「ムーブ」、女性の大活躍推進福岡県会議、 九州経済連合会、福岡経済同友会、福岡県農業協同組合中央会、福岡県経営者協会、福岡県商工会議所連合会、福岡県商工会連合会、福岡県中小企業団体中央会、(一社)福岡県中小企業経営者協会連合会、福岡県中小企業家同友会、(一社)九州ニュービジネス協議会、福岡地域戦略推進協議会、日本労働組合総連合会福岡県連合会、国立大学法人九州大学、公立大学法人福岡女子大学、福岡県男女共同参画推進連絡会議(ふくおかみらいねっと)

 

《申込方法》

①ウェブ申込
▽下記フォームよりお申込み下さい。
「福岡国際女性シンポジウム」参加申込みフォーム

②FAX申込
別添チラシの裏面申込書に必要事項を記入の上、送信ください。
Fax送信先 ⇒092(751)8831

※無料託児(先着順)・要約筆記・手話通訳対応あります。
 希望される方は8月29日(水)までに、その旨お知らせください。

受付完了後、開催の1週間前をめどに事務局よりFAXまたはハガキにて参加証をお送りいたします。シンポジウム当日は参加証をお持ちください。

 

《問合せ先》

福岡国際女性シンポジウム運営事務局 株式会社フラウ
TEL:092(751)8830   FAX:092(751)8831   E-mail:kokusai@frau-net.com

 

▽チラシ兼申込書はこちらからダウンロードできます。
チラシ表
チラシ裏(申込書)

▽イベントの詳細はこちらをご覧ください。
http://chachacha.asia/kokusai/

 

このページの先頭へ